春分の日と秋分の日が祝日なのはなぜ?その理由は?

気になるコト

春分の日と秋分の日はお彼岸とも呼ばれています。

この2日間が祝日とされ、学校や多くの会社がお休みなのはなぜでしょうか?

また、夏至と冬至が祝日ではないのは?

その理由について調べました!

スポンサーリンク

春分の日と秋分の日が祝日である理由

春分の日と秋分の日は、太陽が真東からのぼって真西にしずむ日です。

また、夏至は正午の太陽の位置が最も高くて昼の時間が一年で最も長く、反対に冬至は昼の時間が1年で最も短い日です。

同じ二十四節季なのに、どうして春分の日・秋分の日は祝日で夏至と冬至は祝日ではないのでしょうか?

春分の日と秋分の日はもともとは祭日

春分の日と秋分の日は、戦前はもともと「祭日」でした。

「祭日」とは、皇室が神道の大事な行事を執り行う日のことを言います。

春は「春季皇霊祭」秋には「秋季皇霊祭」が春分、秋分の日に実施されていました。

戦前までは「皇室祭祀令(こうしつさいしれい)」という法律があり、そこで祭典を執り行う日を「祭日」と定められていました。

戦後、1947年に皇室祭祀令が廃止されて1948年「国民の祝日に関する法律」によって「祭日」が「祝日」に変更されました。

夏至と冬至について

夏至と冬至はもともと祭日ではありません。

ですが、昼の時間が最も短い冬至は昔から「太陽が生まれ変わる日」と言われてきました。

そのため、小豆粥やかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入って厄払いや無病息災を願っていました。

夏至については特に全国的な風習はありませんが、地域によっては神社などで「夏至祭」などが行われるところもあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は素朴な疑問、春分の日と秋分の日はなぜ祝日なのか?についてお伝えしました。

もともと戦前は皇室祭祀が行われる「祭日」でした。

戦後になって法律が変わり、「祝日」に変更になりました。

夏至や冬至も同じ二十四節季なのに祝日ではないのは、もともと祭日ではなかったからでした。

ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

気になるコト
スポンサーリンク
あさがおをフォローする
あさがおのジョイマムライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました